不動産無料査定の価格に満足してますか?あなたの知らない世界がそこに!

不動産を売却する際には必ず「いくらで売却できるのか」を不動産業者に査定依頼することになります。ですが、不動産会社の査定額が自分が思っていた価格と開き大きい場合もあるはずです。売却することはすでに決めて査定する人もいれば価格によっては売却しようと思って査定依頼する人もいますが、3500万円くらいかな?と思っていたら3000万円というように、500万円も開きがあると、そもそも売るかどうかも検討したくなりますよね?

その為、売却するかどうかの検討も含め、無料査定は今後の売却活動の基準となりますので、よく理解しておく必要があります。

不動産無料査定について知っておくべき事

上述した通り、不動産を売却する際には不動産会社と契約し仲介を依頼するので、査定依頼して「いくらで売却できるか」を教えてもらう事になります。ですがこの無料査定の結果については注意しておくべき事もありますので、これから説明する内容については必ず目を通し確認しておいて欲しいと思います。

①査定額をUPさせたいならオンライン無料査定を利用する
②不動産査定の価格に意味は無い!
③出来る限り不動産を高く売却するために!
④査定価格を有効に活用するために
⑤査定額は1割から2割UPしていると考えてもよい

①査定額をUPさせたいならオンラインの無料一括査定を利用する

査定額が納得いかないという人も中にはいるでしょう。高い価格で購入している場合、自分の思っている価格よりも下っていることは普通に有り得ます。そんな価格では売れない!もっと高く査定してもらえるはずと思う方は、まずオンラインの無料一括査定を利用してみる事をお勧めします。一括査定を利用する事で、複数の会社に一度に査定依頼をする事ができます。この一括査定の利用は査定する不動産会社も一括査定を利用している事がわかりますので、他社と競争して売主と契約したいと考えるので、査定価格に競争原理が生まれ、通常よりも査定額がUPする傾向にあります。

②不動産査定の価格に意味は無い!

「査定に意味は無い???」

これを言ってしまうと何の為に査定しているの?と思ってしまいますが、不動産査定はあくまで過去の取引事例を参考にして査定額を提示しています。その為、これから売却しようとしている不動産が必ずしも、その査定額で売れるかはわかりません。ましてや、不動産売却は一人でも販売価格で購入したいという人がいれば売買は成立します。極端に言えば、査定額が3500万円だとしても、売り出し価格は売主自体が設定できますので、5000万円で売り出すこともできますし、5000万円で買いたいという人がいれば5000万円で売る事ができます。

価格がいくらだとしても、買いたいと思う買主を見つける事ができれば売れるので、不動産査定価格は意味がありません。ただし、相場があるので、実際問題、その相場よりも高すぎる価格で売れるのは難しいと考えておいた方が無難です。

③出来る限り不動産を高く売却するために!

なるべく高く売却したいと考えるなら、複数の不動産会社に査定依頼する事が大事です。①でオンライン一括査定を利用して業者同士に競争意識をと言いましたが、その他にも複数の会社に査定依頼する事で、査定額を比較できるメリットがあります。例えば近所のA不動産会社に売却の相談に行って査定してもらい3500万円だったとします。その査定額で納得して仲介を依頼して、最終的に少し値下げして3450万円で売れたとします。査定額に納得しているので不満はないとは思いますが、もし3700万円でも売れてたかもしれないとしたらどうですか?少し後悔しませんか?

例えば1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼することで、もしかしたら査定額が3700万円の会社があるかもしれませんよね?そうなんです。100%ではありませんが、1社だけでは査定額が本当に正しいのかを判断できないので、出来る限り高く売るには複数の会社に査定依頼して自分の不動産を一番高く売ってくれる業者を探す必要があるんです。比較してみないと判断できませんよね?

④査定価格を有効に活用するために

③で複数の会社の査定価格を比較する事が重要と言いましたが、どのように査定価格を有効活用すればよいのかですが、確認しておくべき事は、それぞれ査定を依頼した不動産会社に近隣の相場と周辺の不動産市場状況についてを聞いてみる事です。また査定価格がその相場と比べてどうなのか?相場よりも高ければ高い査定額をつけた根拠があるはずですし反対に近隣の相場よりも低ければ低い価格になった根拠もあるはずです。その辺をしっかりと把握した上で査定価格を比較する事で、どの不動産会社が自分の不動産を高く売ってくれるのかを判断しましょう。査定額が高いからと言って、その会社が一番高く売ってくれるかどうかはわからない事を知っておきましょう。

オンライン一括査定を利用して査定を集めた場合は、同時に査定依頼している訳ですので、業者がどのように対応してくれるかを見るのも良いと思います。素早い対応をしてくれるのか?など、比較してみると良いですね。

⑤査定額は1割から2割UPしていると考えてもよい

④で査定価格の活用の仕方を紹介しました。ここでもう一つ注意点というか知っておいて欲しい事があり、自分の足で来店、もしくはオンライン一括査定を利用して査定見積もりを集めた際も、その査定価格は少し高めに設定されていると思っておきましょう。不動産を売る場合、媒介契約を締結して仲介を依頼して買い手を捜しますので、不動産会社は仲介の契約ができないと、そもそも手数料がもらえず利益にならない為、どうしても少し高い査定額を提示して自分の会社に仲介を依頼して欲しいと考えます。

査定額は参考にはなりますが、1割~2割くらい高いと考えておきましょう。その辺も考慮した上で、どうしてこの査定額なのか?根拠を説明してもらうのは判断する上で良いかもしれません。

まとめ

色々と紹介しましたが、あくまで査定依頼して集めた査定書は比較して一番高く売ってくれる業者を選ぶ為だと思っておきましょう。誰しもが不動産を売るのに、なるべく高く売りたいはずですし、安く売ったりなど失敗はしたくないはずです。不動産売却で大事な事は業者の選択です。業者次第であなたの売却活動が成功するも失敗するも決まってくると言ってもいいくらい重要です。

また、査定依頼については、これから売却する人、今後売却するかもしれない人、価格次第で考える人などいると思います。まずは査定価格をしっかり比較した上でどうするかを判断すべきです。実際には売却活動してみないと売れるかどうかはわかりませんが。。。